1595(昭和34)年2月6日朝刊掲載、深浦町円覚寺の薬師堂内厨子(ずし)修復へ

59年前の円覚寺本堂の写真が新聞に載っていました。

2018年2月6日の東奥日報に載っていた写真。

59年前の写真ですが、今の雪囲いの姿と同じ。

と言うことは、今使っている雪囲いの板と柱を59年以上使っているということですね。

1595(昭和34)年2月6日朝刊掲載、深浦町円覚寺の薬師堂内厨子(ずし)修復へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 1595(昭和34)年2月6日朝刊掲載、深浦町円覚寺の薬師堂内厨子(ずし)修復へ
  2. 氷点下でもふんどし一丁。円覚寺の裸参り氷点下でもふんどし一丁。産土講(おぼつなこ)です。
  3. 台風で木が倒れる前と後の様子
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。