円覚寺の春祈祷(はるきとう・はるぎとう)

春祈祷(はるきとう・はるぎとう)とは

春祈祷とは、各家庭での一年間の家内安全、厄除開運、除災招福を祈るご祈祷です。

時期は新年や節分などに行われることが多いです。

全国でやり方は様々で、神職・僧職が各家庭を巡り、その家で供物を準備したところでご祈祷をする方式や、地域の集会所に神職・僧職を呼んで、地域住民も集まりご祈祷をする方式、神社・寺院にお参りに行って祈祷をする方式などあります。

円覚寺の春祈祷とは

旧暦2月1日に行われる行事で、各家のお札や御幣を新しい物と交換します。

五智如来・五大明王・五大菩薩・五大力菩薩・般若菩薩などを勧請して仁王般若経を用い仁王会を行い、ご祈祷したお札を配ります。

また、厄年や九曜星の悪い星回りの厄除開運祈祷も行い、大厄・前厄・後厄などの方には御守をお授けします。

現在は分散のために旧暦2月1日の一週間前から祈祷申込みを受け付けています。

お札や御幣の種類

円覚寺の春祈祷でお配りするお札や御幣の種類はこちらです。

  • 神棚に祀るお札
  • 表口・裏口・居間・台所の4ヶ所に貼るお札
  • 台所・居間・神棚に祀る御幣
  • 漁業関係者のみ神棚に祀る魚の御幣
  • 「五本立て(三本の場合もあり)」があれば、神棚に置く五本立て

お札と御幣について、詳しくはこちらのページをご覧ください。

お申し込み方法

深浦では前日に円覚寺にお供物を添えて申込み、お寺でお札など準備してから次の日にご祈祷をして、終わった後に取りに来てもらいます。

沢辺地区のみ、地区の家々が集会所に五本立てなど持ち寄り、神社のお札やお寺のお札を集会所で一緒にご祈祷をします。

お申し込みについての説明はこちらのページです。