「円覚寺の春祈祷」お申し込み方法

春祈祷(はるきとう・はるぎとう)とは

春祈祷とは、各家庭での一年間の家内安全、厄除開運、除災招福を祈るご祈祷です。

円覚寺では旧暦2月1日に行い、新しい各家のお札や御幣をご祈祷して、新しいお札や御幣をお配りします。

五智如来・五大明王・五大菩薩・五大力菩薩・般若菩薩などを勧請して仁王般若経を用い仁王会を行い、ご祈祷したお札を配ります。

全国でやり方は様々で、神職・僧職が各家庭を巡り、その家で供物を準備したところでご祈祷をする方式や、地域の集会所に神職・僧職を呼んで、地域住民も集まりご祈祷をする方式、神社・寺院で行う方式などあります。

詳しくはこちらのページをどうぞご覧ください。

https://www.engakuji.jp/harukitou-toha/

春祈祷で祀るお札と御幣の種類

お札や御幣の種類はいろんな種類があります。
リストにすると以下の通りです。

  • 神棚に祀るお札
  • 表口・裏口・居間・台所の4ヶ所に貼るお札
  • 台所・居間・神棚に祀る御幣
  • 漁業関係者のみ神棚に祀る魚の御幣
  • 「五本立て(三本の場合もあり)」があれば、神棚に置く五本立て
  • 蔵に置くお札や御幣
  • 厄年のお札と御守

貰ったお札を祀る場所や説明、お札や御幣の画像付き説明を知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

春祈祷のお申し込み方法

円覚寺へ直接いらしてお申し込みください。

持ってくる物

  • ご祈祷料(金額は任意)
  • お盆と風呂敷
  • ご家族の生まれ年と性別の一覧

もしあったら持ってくる物

  • 五本立て

日程

元々は旧暦の2月1日にご祈祷を行う行事でした。

現在は、御幣の詰め込みや五本立ての製作に時間がかかることや私達の高齢化を踏まえて、1週間の期間で分散して行うことにしました。

また、この週間でご都合の付かなかった場合や忘れてた場合でも、年中受付はしていますので、期間が過ぎた後でもお申し込み可能です。
例えば、ご家族がお亡くなりになった後の忌明けした時に神棚のお札と御幣一式を交換するご祈祷「仏供払い」も同じ仁王会祈祷になります。