円覚寺寺宝館

県内屈指の古刹
一千年の歴史を感じる遺物群

当寺は、ご本尊十一面観世音菩薩様に帰依する人々の篤い信心で一千年以上の年月を経てきました。それぞれの時代の遺物が寺宝として今に伝えられていますので、一部をご紹介いたします。
また、先々代住職義観阿闍梨の偉業の毛髪刺繍三十三観音図と毛髪刺繍八相釈尊涅槃図は圧巻です。
ご紹介した寺宝は、当寺寺宝館の「篤学館」で常設展示していますので、拝観することができます。

国指定重要有形民俗文化財・日本遺産の北前船絵馬・髷額は国内随一の点数

北前船寄港地として栄えた深浦湊にある円覚寺。

 

北前船の船乗りの信仰が篤く、奉納された船絵馬と髷額の合計数が日本一多いお寺です。
髷額とは、本物のちょんまげが付いた額で、このような言われがあります。

北前船の航海中に嵐に遭い、海が荒れてとうとう沈没しそうになった時、船乗り達みんなで観音様の助けを一心にお祈りしたそうです。
その時、お寺の杉の木の梢が光を灯したといい、その光に導かれて深浦湊へ流れ着いた船乗り達がお礼に自分の「ちょんまげ」を奉納しました。

自分の命を助けてもらったので、せめてものお礼に命の次に大事な「ちょんまげ」を切ってお寺に奉納をした訳です。

 

二十六世住職義観阿闍梨の偉業
修験存続のため、仏道修行のため、供養のために。

修験復興に尽力した二十六世義観阿闍梨の偉業を展示。

 

日清戦争殉難者供養の為に30万字余の梵字で写経された五輪宝塔や、日露戦争殉難者供養のために全国84,000人より頂戴した毛髪を使って刺繍をした八相釈尊涅槃図を展示しています。

 

寺宝拝観のご案内

拝観料
()内は、20名以上の団体料金
大 人・・・400円(300円)
高校生・・・250円(150円)
小中生・・・100円( 50円)
拝観時間 午前8時~午後5時(4月~11月)
午前8時~午後4時(12月~3月)
拝観所要時間 約30分
境内駐車場 無料(乗用車~大型バス利用可)
交通アクセス 交通アクセス情報はこちらをクリックしてください
ご予約はこちらまで 青森県西津軽郡深浦町大字深浦字浜町275
円覚寺
TEL 0173-74-2029
FAX 0173-74-2032
 

寺宝拝観は、20~30分の説明をしながらご案内します。
お寺の外観で思った以上に説明する物の数がありますので、意外とお時間が必要です。申し訳ありません。

 

主な寺宝

  1. 国重要文化財・薬師堂内厨子
  2. 国重要有形民俗文化財・円覚寺奉納海上信仰資料(船絵馬・髷額)
  3. 県重宝・鰐口
  4. 県重宝・絹本著色聖宝僧正像
  5. 県重宝・宝篋印塔
  6. 懸け仏 六体
  7. 正和年中の経文
  8. 朝鮮・中国の伝来青磁茶碗
  9. 天正年間の当地元城城主千葉弾正愛用の茶臼
  10. 慶長三年の鎮子
  11. 高田屋嘉兵衛の遺物と弟・金兵衛の祈願依頼状
  12. 北前船が運んだ古伊万里と九谷焼の陶磁器数十点
  13. 北前船が運んだ蝦夷錦と青玉数珠
  14. 当寺二十六世義観阿闍梨の偉業
    1. 毛髪刺繍三十三観音と毛髪刺繍八相釈尊涅槃図
    2. 細字梵字五輪宝塔
    3. 両界曼荼羅

English

Admission Fees
( ) indicate prices for those in groups of 20 or more.
Adult – 400yen (300yen)
High School Student – 250yen (150yen)
Junior High/Elementary School Student – 100yen(50yen)
Admission Hours 8:00 – 17:00 (from Apr to Nov)
8:00 – 16:00 (from Dec to May)
The time required About 30 min
Parking Free

Point of Interest

  1. Important Cultural Property : Miniature Shrine in Yakushi Hall.
  2. Important Tangible Folk Cultural Property : Marine Faith Material Dedicated to Engaku-ji Temple.
  3. Important Property of Aomori Prefecture : Waniguchi, a Sacred Bell.
  4. Important Property of Aomori Prefecture :Color-on-silk picture of Shobo
  5. Important Property of Aomori Prefecture :Hokyointo(Memorial Service Pagoda)
  6. Kakebotoke, the Buddhist image hooked on a wall.
  7. The Buddhist scripture of the 1580s.
  8. The introduction blue porcelain teacup of Korea and China.
  9. Hand mill of Chiba Danjo regular use in 1580s.
  10. A pair of stone‐carved guardian dogs in 1598.
  11. Remains of the Takadaya Kahei and the letter of the prayer request from Kinbei, his younger brother.
  12. Old Imari and Kutani porcelain which the ship of Kitamaebune carried.
  13. The brocade from China and blue gem which the ship of Kitamaebune carried.
  14. The great undertaking of Gikan, the 26th chief priest.
    • Hair-embroidered Buddha Nirvana figure and Image of Kannon.
    • The picture of a tower drawn in the Sanskrit of 300,000 characters.
    • A pair of Mandhara.

最近の記事

  1. 日本人のおなまえっ!大阪
  2. 春祈祷・星供・仁王会のお知らせ
PAGE TOP