写経の 願文の 書き方

写経の願文・願意(お願い事)の書き方

この記事は
・写経用紙のお願い事欄の書き方
・お願い事を表す四文字熟語の例文
を書いています。

写経用紙のお願い事欄は何のためにあるのか

写経用紙
写経用紙を見ると最後の方に、願意(お願い事)を書く欄があります。
「為」や「右為」とあるのですが、ここには何を書けばいいのでしょうか?

この欄は「写経をした目的」を書く欄です。
「何のために写経をしたのか」という説明を書くためにあります。

特殊な場合として、お願い事が無くて写経をすること自体が目的のときは、この欄は書かなくてもよい決まりです。

写経のお願い事の書き方

大抵の写経用紙は、まず最初に般若心経、次にお願い事、次に住所氏名、最後に年月日という書式になっています。

お願い事は写経の本文にあたるお経の後に書きましょう。
行頭に「為(ため)」と書いて、その下に願い事の四文字熟語を書きます。

これは漢文で書くなごりで、「為交通安全」と書けば、「交通安全のため」という意味になります。
「右為交通安全」と書けば「右、交通安全のため」ということで、この行の右側、つまり前の方に書いているお経は交通安全のために書いたという意味になります。

「為」の後に四文字熟語だけで、例えば「為病気平癒」でもいいですし、最後に「祈願」と付けて、「為病気平癒祈願」としてもいいです。

「為海上安全大漁満足」と複数の祈願をワンセットにして書いてもいいです。

写経用紙や手本によって、「為」であったり「右為」であったりと違いがありますが、どちらも同じ意味なので気にしなくて大丈夫です。

願い事を四文字熟語ではなく、日本語の口語体・話し方口調で書く時は、行頭の「為」は不要です。
「○○しますように」とか「○○のために」とか書けば良いです。

写経のお願い事は必ず四文字熟語で書かないといけないのか

一般的にお願い事は四文字熟語になっていたりします。
しかし、四文字熟語が分からない時は口語体でお願い事を書いても問題ありません。

「四文字熟語はあるけれど、自分的にはなんとなく違和感がある」と思った場合も、自分の心の中から湧き出た何かのサインと考えて、口語体で書きましょう。

例えば
「すてきな彼氏ができますように」
「○○さんと付き合えますように」
「為恋愛成就祈願」
「為良縁祈願」

このように言い方はいろいろあります。

実は、口語体で書くときにもっと実現する可能性が高くなる書き方があるので紹介します。
「すてきな彼氏ができますように」

「○○な(彼氏に望むポイント)人と△△が見える雰囲気のいいレストランで食事を楽しみたい」
目的(達成した後にどうなっているか、この例では「楽しい食事」)と目標(達成したと思えるボーダーライン、この例では「彼氏の特徴」「いいレストランを知る」)を具体的に意識すると、目的を達成する方法を日常でハッとひらめいて、はじめの一歩の行動ができるようになるといいます。
もう彼氏がいる前提で書いていることにも注目してください。

これらを参考にして、自分で一番気に入った言い方で書いてみましょう。

人の数だけ祈願の数があります。
難しく考えずに、自分で分かりやすい表現で書いてみてください。

お願い事を表す四文字熟語の例文

メジャーな物からあんまり見ないものまで調べられる範囲でまとめてみました。

とりあえず「心願成就」としておけば、思っている願い事ぜんぶが当てはまるので、無敵です。

■病気がなおる・健康に過ごす願い

・病気平癒(びょうきへいゆ)
・当病平癒(とうびょうへいゆ)
・病悩平癒(びょうのうへいゆ)
・病気全快(びょうきぜんかい)
・病気回復(びょうきかいふく)
・病魔退散(びょうまたいさん)
・悪病退散(あくびょうたいさん)
・悪疫退散(あくえきたいさん)
・厄疫退散(やくえきたいさん)
【意味】病気が治りますように。

・怪我平癒(けがへいゆ)
・傷病平癒(しょうびょうへいゆ)
【意味】ケガが治りますように。

・心病平癒(しんびょうへいゆ)
【意味】精神的な病気が治りますように。

・脳病平癒(のうびょうへいゆ)
【意味】脳、首から上に関する病気が治りますように。

・眼病平癒(がんびょうへいゆ)
【意味】目の病気が治りますように。

・癌封じ(がんふうじ)
【意味】ガンが治りますように。ガンになりませんように。

・ぼけ封じ(ぼけふうじ)
【意味】痴呆症が進みませんように。痴呆症になりませんように。

・虫封じ(むしふうじ)
【意味】子供の疳の虫が治まりますように。

・健康祈願(けんこうきがん)
・身体健全(しんたいけんぜん)
・身体堅固(しんたいけんご)
・身体健康(しんたいけんこう)
・身体強健(しんたいきょうけん)
・身体健勝(しんたいけんしょう)
【意味】健康に過ごせますように。

・無病息災(むびょうそくさい)
【意味】病気になりませんように。

・心身健康(しんしんけんこう)
・心身健全(しんしんけんぜん)
【意味】心身とも健康に過ごせますように。

・息災延命(そくさいえんめい)
・健康長寿(けんこうちょうじゅ)
・延命長寿(えんめいちょうじゅ)
・延命福寿(えんめいふくじゅ)
【意味】健康で長生きできますように。

■災難を除ける・福を呼ぶ願い

・交通安全(こうつうあんぜん)
【意味】(一般的には自動車の)交通事故にあいませんように。

・海上安全(かいじょうあんぜん)
【意味】海、船の事故にあいませんように。

・工事安全(こうじあんぜん)
【意味】工事中に事故が起きませんように。

・工場安全(こうじょうあんぜん)
【意味】工場で事故が起きませんように。

・作業安全(さぎょうあんぜん)
【意味】作業中に事故が起きませんように。

・航海安全(こうかいあんぜん)
・渡航安全(とこうあんぜん)
・航路安全(こうろあんぜん)
【意味】無事に船の航海を終えますように。

・道中安全(どうちゅうあんぜん)
・旅行安全(りょこうあんぜん)
【意味】無事に旅行から帰ってこれますように。

・怨敵退散(おんてきたいさん)
・怨敵降伏(おんてきごうぶく)
・怨敵調伏(おんてきちょうふく)
【意味】悪い敵を倒せますように。

・除災招福(じょさいしょうふく)
・攘災招福(じょうさいしょうふく)
・厄除開運(やくよけかいうん)
・開運厄除(かいうんやくよけ)
・七難即滅七福即生(しちなんそくめつしちふくそくしょう)
・降伏一切大魔最勝成就(ごうぶくいっさいだいまさいしょうじょうじゅ)
【意味】災難を防いで幸福をもたらしますように。

・火難除(かなんよけ)
【意味】火事にあいませんように。

・水難除(すいなんよけ)
【意味】水難事故にあいませんように。

・怨賊難除(おんぞくなんよけ)
・盗難除(とうなんよけ)
【意味】泥棒に入られませんように。

・開運招福(かいうんしょうふく)
・開運満足(かいうんまんぞく)
・福寿増長(ふくじゅぞうちょう)
【意味】運が開けて幸福になれますように。

■家庭・家族・結婚・恋愛に関する願い

・家内安全(かないあんぜん)
・家内安穏(かないあんのん)
・家庭円満(かていえんまん)
・家族円満(かぞくえんまん)
【意味】家族が平穏に暮らせますように。

・夫婦円満(ふうふえんまん)
【意味】夫婦仲良く暮らせますように。

・親子円満(おやこえんまん)
【意味】親子仲良く暮らせますように。

・安産祈願(あんざんきがん)
・安産成就(あんざんじょうじゅ)
【意味】無事に出産できますように。

・子宝祈願(こだからきがん)
・子宝成就(こだからじょうじゅ)
・懐妊成就(かいにんじょうじゅ)
・子授祈願(こさずけきがん)
・子授成就(こさずけじょうじゅ)
【意味】妊娠できますように。

・良縁祈願(りょうえんきがん)
・良縁吉祥(りょうえんきっしょう)
・所縁吉祥(しょえんきっしょう)
・諸縁吉祥(しょえんきっしょう)
【意味】(主に異性の)良い人との出会いがありますように。

■お金・仕事・勉強に関する願い

・金運向上(きんうんこうじょう)
・金運上昇(きんうんじょうしょう)
・金運円満(きんうんえんまん)
・福徳円満(ふくとくえんまん)
・財福円満(ざいふくえんまん)
【意味】お金が儲かりますように。

・商売繁盛(しょうばいはんじょう)
・商売繁昌(しょうばいはんじょう)
・事業回復(じぎょうかいふく)
・事業発展(じぎょうはってん)
・事業繁栄(じぎょうはんえい)
・社運繁栄(しゃうんはんえい)
・千客万来(せんきゃくばんらい)
【意味】仕事がうまくいきますように。

・大漁満足(たいりょうまんぞく)
・大漁祈願(たいりょうきがん)
・漁業繁栄(ぎょぎょうはんえい)
【意味】漁業の事業が繁栄しますように。

・五穀豊穣(ごこくほうじょう)
・万年豊作(まんねんほうさく)
・豊作祈願(ほうさくきがん)
・農業繁栄(のうぎょうはんえい)
【意味】農業の事業が繁栄しますように。

・学業成就(がくぎょうじょうじゅ)
・学業優秀(がくぎょうゆうしゅう)
【意味】勉強の成績が上がりますように。

・合格祈願(ごうかくきがん)
・○○大学入学試験合格祈願(○○だいがくにゅうがくしけんごうかくきがん)
・合格成就(ごうかくじょうじゅ)
・試験合格(しけんごうかく)
・受験合格(じゅけんごうかく)
・就職成就(しゅうしょくじょうじゅ)
・就職試験合格(しゅうしょくしけんごうかく)
【意味】入学試験、就職試験に合格できますように。

・心願成就(しんがんじょうじゅ)
・大願成就(たいがんじょうじゅ)
・満願成就(まんがんじょうじゅ)
【意味】夢、願い事が叶いますように。

■供養のため

・○○(苗字)家先祖代々霊位仏果菩提(○○けせんぞだいだいれいいぶっかぼだい)
・○○(苗字)家先祖代々霊位追善仏果菩提(○○けせんぞだいだいれいいついぜんぶっかぼだい)
・○○(苗字)家先祖代々霊位追福菩提(○○けせんぞだいだいれいいついふくぼだい)
・○○(苗字)家先祖代々霊位追善供養(○○けせんぞだいだいれいいついぜんくよう)
・○○(苗字)家先祖代々霊位追善回向(○○けせんぞだいだいれいいついぜんえこう)
【意味】先祖の供養をしたい。

・○○(戒名か俗名)霊位仏果菩提(○○れいいぶっかぼだい)
・○○(戒名か俗名)霊位追善仏果菩提(○○れいいついぜんぶっかぼだい)
・○○(戒名か俗名)霊位追福菩提(○○れいいついふくぼだい)
・○○(戒名か俗名)霊位追善供養(○○れいいついぜんくよう)
・○○(戒名か俗名)霊位追善回向(○○れいいついぜんえこう)
【意味】故人、ペットなどの供養をしたい。

・南無三界万霊(なむさんがいばんれい)
【意味】世の中のすべて霊を供養したい。

・水子供養(みずこくよう)
・水子霊位追善供養(みずこのれいいついぜんくよう)
【意味】死産児、流産児、堕胎児を供養したい。

・○○殉難者追善仏果菩提(○○じゅんなんしゃついぜんぶっかぼだい)
・○○物故者追善仏果菩提(○○ぶっこしゃついぜんぶっかぼだい)
【意味】○○という災害や紛争で命を落とした人の供養をしたい。

■その他の願い事

有縁無縁一切精霊追善仏果菩提(うえんむえんいっさいしょうりょうついぜんぶっかぼだい)
【意味】知っている人も知らない人も世界中の全ての人の供養をしたい。

興隆仏法(こうりゅうぶっぽう)
【意味】仏教を広めたい

世界平和(せかいへいわ)
【意味】世界から戦争が無くなりますように。

新型コロナウイルス感染終息祈願
【意味】新型コロナウイルス感染拡大が終息してほしい

  1. 写経で使う 筆ペンは コレ一択!
  2. 十一面観音の御真言 オンロケイジンバラキリク・ オンマカキャロニキャソワカ の意味とは
  3. 「仏説」 とは。 それ必要?
  4. 失敗した写経用紙の捨て方
  5. 梵字の書き順
  6. 薬師如来の種子「ベイ」書き順説明

最近の記事

  1. 写経の書き方~目次~
  2. 失敗した写経用紙の捨て方
  3. 写経で使う 筆ペンは コレ一択!
  4. 写経の文字 を 間違えた時
  5. 「仏説」 とは。 それ必要?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。